出会い系サイトで送ってはいけないメール


女の子は出会い系サイトを警戒心をもって利用しているし、 女の子が一人で出会い系サイトで知り合った男と会うのは結構勇気がいるのです。
特に高額ポイント制のサクラサイトのサクラメールに洗脳された人は、 女の子が簡単に会ってくれると錯覚しがちなので注意が必要です。

出会い系サイトで女の子に送ってはいけないメール

1.すぐに直アドを要求したり自分の直アドを送る。
はじめから直アドでメールしてくれる女の子はほとんどいません。 直アドを要求は女の子の警戒心をといてからにしましょう。

2.すぐに会いたがるメール。
先に書いたように女の子が知らない男と一人で会うのは、かなりの勇気が必要なのだから 「会おうメール」は自分のことを女の子によく知ってもらって警戒心をなくしてからにしましょう。

3.一方的に写メ送れメール
写メが欲しいのであれば自分から先に送るか、お互いに交換するかにしましょう。

4.「サクラ(キャッシュバッカー)じゃないよね?」などの相手を疑うメール。
気持ちは分かりますが表に出してはいけません。サクラ(キャッシュバッカー)だと答えるはずがないし、 まともな女の子であればその時点で終了になります。

5.下ネタメール
まともな女の子は、ある程度親しくならないと下ネタメールはしません。
親しくなっても下ネタを嫌う子もいるので注意が必要。はじめから下ネタメールに食いついてくるのはキャッシュバッカーの可能性大。

6.ポイントの話をする。
「ポイントがないからアドレス送って」なんてメールは、はじめのうちから送ってはいけません。
女の子はメール1通50円程度のお金をケチっているような男に会いたいとは思わないでしょう。
ある程度メール交換をしてキャッシュバッカーかどうか見分けるときの最後の手段にしましょう。

7.その他、長すぎるメールや短すぎるメール・質問の多すぎるメールなど。
女の子のほとんどは携帯でサイトを利用しているので、携帯でちょうどよいサイズのメールを送りましょう。


女の子が自分の書いたメールを受け取ったときにどう感じるかを考えながらメールをしましょう。


出会える出会い系サイト情報

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー